21/07/2021 - 27/07/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Softball Olympic Games 2020 - Official Payoff

イタリアオリンピックソフトボールチームが日本でのメダル獲得とヨーロッパ王者を目指し練習合宿開始

イタリアオリンピックソフトボールチームが日本でのメダル獲得とヨーロッパ王者を目指し練習合宿開始
22/03/2021
イタリア野球ソフトボール連盟のアンドレア・マルコン会長とピッツォリーニヘッドコーチは「ヨーロッパ選手権大会連覇と東京オリンピックのメダル獲得」という二つの目標を掲げている。

イタリア女子代表ソフトボールチームはフリウリ・ベネチア・ジュリア州に戻り東京2020オリンピックと2021ヨーロッパソフトボール選手権大会に向けて1週間の合宿をスタートした。合わせて22選手が新たなヘッドコーチ、フェデリコ・ピッツォリーニ氏によって選抜された。

イタリア野球ソフトボール連盟 (FIBS - Federazione Italiana Baseball Softball) のアンドレア・マルコン会長とピッツォリーニヘッドコーチ(COVID-19感染無症状のため欠席)はビデオ会議を通してメッセージを送り、二つの大きな目標について同意した。「ヨーロッパ選手権大会で再び勝利し、オリンピックでもメダルを獲得しましょう。」

この合宿でチームは1月末以来に集結する。前任のエンリコ・オベレッターコーチが亡くなってから初めてのソフトボール活動でもある。オベレッターコーチはCOVID-19による合併症で先月逝去した。

チームのキャプテン、エリカ・ピアンカステッリは「私たちの夢はプレーしてメダルを獲得することです。私たちのためだけでなく、エンリコのためにもぜひこの夢を実現させたいです。」と語った。

関連記事
- フェデリコ・ピッツォリーニ氏がイタリアのオリンピックソフトボールチームのヘッドコーチに任命
- イタリア女子代表ソフトボールチームヘッドコーチEnrico Obletter 氏が61歳で逝去
- イタリアオリンピックソフトボールチームが1月21日に練習開始 東京オリンピックまであと6ヶ月
- WBSCリッカルド・フラッカーリ会長署名記事 東京2020オリンピック・野球とソフトボールのオリンピック復帰まであと200日
- イタリア代表女子ソフトボールチームが体力テストのためローマへ 東京オリンピック2020まであと8ヶ月
- イタリアが東京2020オリンピック出場決定 ヨーロッパ/アフリカ大陸予選優勝

この合宿は東京オリンピックの数週間前の6月27日から7月3日までヨーロッパ選手権連覇が行われるグラデイスカ・ディオンゾとロンキ・デイ・レジオナーリで行う。

イタリアは7月21日、イタリア悲願のソフトボールでの初のオリンピックメダル獲得を目指す。初戦は福島で世界1位のアメリカと対戦。オリンピックでのこれまでのイタリアの最高成績は5位(シドニー2000)、その4年後のアテネ2004では8位に終わった。東京2020はイタリアにとって3度目のオリンピックソフトボール大会出場となる。


Tokyo 2020 – Olympic Softball