21/07/2021 - 27/07/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Softball Olympic Games 2021 - Official Payoff

野球、ソフトボール 2021年オリンピックへ延期

野球、ソフトボール 2021年オリンピックへ延期
25/03/2020
COVID-19の感染拡大により、世界は2020年の東京オリンピックでの野球とソフトボールの復帰をさらに1年待つことになった。

世界中の野球選手、ソフトボール選手、リーグ、連盟は、2020年の東京オリンピックの2021年への延期を受けいれ、オリンピック復帰するまで、1年待つということだ。

2019年プレミア12の3位決定戦でアメリカから9回英雄的ホームランをとり、メキシコに野球初のオリンピック枠を獲得させたMatt Clarkは悲しそうな顔をツイートした。

ボストンレッドソックスの2018ワールドシリーズ優勝に貢献した元メジャーリーグ野球(MLB)オールスターおよびゴールドグローブの勝者であるIan Kinslerは、延期が正式になる数時間前にオリンピックでイスラエルを代表することを承諾した。

「東京の準備ができたら、私達はいつでもいける!」イスラエル野球協会は、Kinslerを特集したビデオと一緒にツイートした。

Yonhap連合通信社によると、大会の延期は韓国野球機構(KBO)に歓迎された。シーズンは4月20日まで開始されず、KB​​Oは7月24日から8月10日までの18日間の休業を予定していた。これは韓国シリーズが初冬に持ち越されることを意味している。

世界で最も有名な女子ソフトボール選手の1人であり、アメリカ代表チームのトップ投手であるモニカ・アボットは、ニュースを知った時のショックについてツイートしている。

ESPN.comのポッドキャストで、アボットは東京2020組織委員会に対する懸念を表明した。「みんなのためを思い、そしてこのためにどんなに準備をしてきたかを考えると心が痛みます。」と表明した。

もう1人のアメリカのスター投手のCat Ostermanは、2008年のオリンピックの後に引退したが、カムバックを計画しているとOstermanは言った。「私はすでにたぶんオリンピックは延期され、それも大体1年後ぐらいだと思っていました。実際、私は夫に、1年遅れるとは何を意味するか、そしてどのようにそれを処理をすればよいか聞いていました。」

カナダのDanielle Lawrie氏は次のようにコメントしている。「私の電話もなり続け、ソーシャルメディアもパンク状態になりました。」エースソフトボールピッチャーは、次のように付け加えました。「カナダがこれで本当にカナダが最初に代表を送らないと表明しましたが、それは本当にアスリートの立場に立っているからです。」

ソフトボールオーストラリアの最高経営責任者である David Pryles氏は、オーストラリアオリンピック委員会とその延期に対する姿勢を全面的に支持していると語った。「私たちのアスリートは、世界中のすべてのアスリートとともに、現状の中で効率的にトレーニングすることは明らかに難しいこともあり、オリンピックに備えるために延長された時間を歓迎しています。」

メキシコソフトボール連盟は、大会の延期の決定を全面的に支持し、「オリンピックは世界で最も求められているスポーツイベントであり、試合への影響は予想されていたものの、延期の影響が軽くなったわけではありません。 私たちのアスリート達は悲しんでいますが、彼らがメダルのために戦うことができるようになるまであと1年だと思って気持ちを高く保ち続けてほしいと思います。」

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のリッカルドフラッカーリ会長は、「もう少し待たなければならない。選手、役員、観客、そして国際社会の健康と安全は、常に私たちの最優先事項であり続けなければならないからだ。」とツイートした。

一方、1976年のオリンピックのフェンシングの金メダリストである国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ大統領は、延期にもかかわらず、彼らはまだオリンピックを楽しむ機会があるという概念を強調すべく、全ての選手に手を差し伸べた。IOCアスリート委員会は延期の決定を歓迎していたが、 Athlete365 website のWebサイトを通じて、決定を「完全に賛同」する声明を発表した。