21/07/2021 - 27/07/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Softball Olympic Games 2021 - Official Payoff

前回のオリンピック優勝国日本のソフトボールチームは2020年の東京オリンピックにむけて仮想現実(VR)のトレーニングを採用

前回のオリンピック優勝国日本のソフトボールチームは2020年の東京オリンピックにむけて仮想現実(VR)のトレーニングを採用
22/10/2020
2008年の北京オリンピックのゴールドメダリスト達はこの3年間彼らのトレーニングにテクノロジーを取り入れてきた。

日本の全国女子ソフトボールチームは、オリンピックの金メダルを連続して獲得するために、どんな手段でも取り入れてきた。共同通信によると、2017年からチームはNTT通信科学研究所と提携している鹿野多様脳研究所と協力して東京2020オリンピックに向けて準備を進めている。チームは最近、仮想現実(VR)に目を向けた。これは、封鎖状態でも活用できる可能性がある。

選手達はさまざまなエクササイズに携わってきたが、VRバッティングの練習が女子選手の注目を惹きつけた。

山田恵里(36)は、「これまで、相手投手の動画を見て、頭の中でイメージを築いてきました」と語った。「でもバーチャルリアリティを使用すると、得られるスピードと動きの感覚が本物に非常に近くになるんです。」

共同通信によると、日本ソフトボール協会 は、ライバル投手に備えるために、各選手に独自のVRゴーグルを提供することを検討している。

方程式上のピッチングでは、ラボのカメラで、各ピッチャーのさまざまな配信のスピン速度と回転軸を追跡できる。昨年代表チームと多くの時間を過ごした三上 弾氏は、このようなデータをピッチングの画像と組み合わせてプレーヤーに渡すことで、「彼らが感じていることを、彼らが投げるピッチの実際の属性と一致させるのに役立つ」と語った。