21/07/2021 - 27/07/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Softball Olympic Games 2021 - Official Payoff

ソフトボールオーストラリアが東京2020オリンピックへの予選名簿を発表

ソフトボールオーストラリアが東京2020オリンピックへの予選名簿を発表
12/12/2020
ソフトボールオーストラリアの東京オリンピックの選考行程は、2021年2月18日から3月3日までオーストラリア国立スポーツ研究所(AIS)で再開される。

2021年のGilley'sShield選手権大会(Open Women's National Championship)のキャンセルに続き、ソフトボールオーストラリアは、アスリートが審査員に感銘を与え、オリンピックの出場を争う2021年のオーストラリアスピリットチームの一員になる機会を提供する全国選考キャンプを発表した。トレーニングキャンプは、2021年2月18日から3月3日までオーストラリア国立スポーツ研究所(AIS)で開催される。

これには2020年のオーストラリア代表チームを含む合計34人のアスリートが選抜され、2021年の東京オリンピックに向けてオーストラリアのチームがオリンピックにふさわしいチームとして完成するために不可欠な、ハイレベルな競争をする最高の機会を提供する。

選抜されたアスリートは、SoftballAustraliaのウェブサイトで見ることができる。

適切な競争を供給することに加えて、キャンプはまた、AISが提供する日々の質の高い体験ができるだけでなく、前オ―ストラリア代表チームのスター達と一緒にプレーしてトレーニングする事が出来るという貴重な体験を新しい選手達に提供する。 .

オーストラリアのために140試合を戦ったベテランピッチャーのカイア・パーナビーは、次のように述べた。 「私達の多くは 2009年にオーストラリア代表チームにデビューしており、ここで12か月待機することは、12年の私達の歩みにとっては小さな踏み誤りのようなものです。」

「延期されていることを知ることは私たちに大きな打撃を与えますが、同時に私たちにとってはさらに12か月の準備をすることができるということであり、私たち自身について知らなかったかもしれないいくつかのことを発見することができ、チームとして成長するのに役立つと思います。」

「選手生活をスタートしたときには、実際にオリンピックに出場できるとは思ってもみなかったので12か月も経たないうちに、オリンピックに出場できることにわくわくしています。」

国内選考キャンプの直後に、選手達は3月5日から7日までの女子サマースラム-フルロードソフトボール大会と3月8日から11日までのオーストラリアパシフィックカップの準備をする。これも選考過程の一部となる。