21/07/2021 - 27/07/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Softball Olympic Games 2020 - Official Payoff

東京2020オリンピックの野球・ソフトボールが世界中のメディアが大きく報道

東京2020オリンピックの野球・ソフトボールが世界中のメディアが大きく報道
09/08/2021
東京2020大会では、野球とソフトボールが大きな話題をよんだ。

.ソフトボール競技で、第32回東京オリンピック2020が開幕した。ニューヨークタイムズ は、13年ぶりのソフトボールのオリンピックへの復帰を祝った。

元ソフトボールスターの Jessica Mendoza(ジェシカ・メンドーサ)は、NBCのオリンピックコメンテーターの1人だった。

イギリスの日刊紙ガーディアン 紙のジャスティン・マッカリー氏は、福島あづまスタジアムで行われた最初のソフトボールの試合について次のように書いている。「沈黙と悲しみがソフトボールの試合を迎え、それが2011年に地震と津波で崩壊された町の復興を意味する...水曜日の朝、福島で行われた日本のソフトボールのオーストラリアとの試合で、上野由紀子がミシェル・コックスに最初の一球を投げたことを覚えている人は少ないだろう。組織委員会の橋本誠子会長の彼女の参加は、現代で最も奇妙な試合の象徴のようだった。」

.福島あづまスタジアムでは、野球とソフトボールの両方の開幕戦がおこなわれた。この選択は、2011年の津波からの復興の象徴 だとJapan Todayは伝えた。

ソフトボール大会が開幕するとすぐに、福島あづま球場周辺でクマが出現し、世界の注目を集めロイターはアメリカのスター、モニカ・アボットが「見ることができずに少しがっかりです。」と報じた。

ツキノワグマは、森林に生息する肉食動物であり、国際自然保護連合(IUCN)によって危急種であると記載されている。

The New York Times also reported the frustration of softball fans about their discipline being played on a baseball field.The New York Times(ニューヨークタイムズ紙)はまた、ソフトボールが野球場で行われたことに対するファンの欲求不満を報じた。

一方で、アメリカのソフトボールオリンピック代表選手達は、実際には、適応した野球場でプレーすることをあまり気にかけていないとUSA Today(USAトゥデー紙)は報じた。

エディ・アルバレス氏は、開会式で米国選手団の旗手の1人に選ばれたことで話題になった。特に、Washington Post (ワシントンポスト紙)は、冬季オリンピックのメダリストでもあるアルバレスに「夏のメダルを求めて」と一面を飾った。

The New York Post(ニューヨークポスト紙)は、元ニューヨークヤンキースのスラッガー松井秀喜が聖火を運んだことを強調した。日本の野球界の偉r、レジェンド、王貞治と長嶋茂雄も聖火リレーの一人だった。

日本の共同通信社は、日本のソフトボールの金メダル獲得を祝い、2008年と2021年に米国との金メダルゲームで優勝した伝説の投手上野由岐子の功績を称えた。

ロイターは、SSK WBSCオリンピック野球公式球について報告した。アメリカの投手ジョー・ライアンはそれを「世界で最高のボール」と名付けた。

日本の成功は地元メディアの報道に大きな影響を与えた。Twitterの調査では、日本人にとって最大のイベントとして野球での金メダル獲得が投票された。日本は過去最高の58個のオリンピックメダルを獲得、27が金メダルだった。

メディアはまた、オリンピックプログラムの恒久的なスポーツになるという野球/ソフトボールの志しについても取り上げた。英国のAP通信によると、ソフトボール銅メダリストのカナダは、国際オリンピック委員会に「2024年まで野球・ソフトボールをオリンピックに加える」よう訴えた。


Sports Illustrated誌は、メダルゲームが野球/ソフトボールがオリンピックスポーツに値することを証明したと書いた。

The Los Angeles Times (ロサンゼルス・タイムズ)はLAで2028年大会は、試合時間をもっと短縮した野球の大会を実施する可能性があると書いた。

野球のリリーフカーとファウルボールの警告サイレンも話題になった。